font-family: 'Raleway', sans-serif;
読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

波動、じぶんと作品との緊張

塚脇淳×工藤聡×関典子

「波動」

 

塚脇淳の鉄の彫刻作品と工藤聡、関典子というふたりの舞踊家の舞踊の組み合わせの作品。

 

この実験展を図式化するなら

 

"完全さと不完全さ-作品とじぶん-立っている彫刻と立っていられないからだ"

 

となるだろう。

 

《作品のスケッチ》

関典子は踊らない。それどころか立っていられない。意識を失って倒れるその寸前、ふたりの黒ずくめの男が彼女を支える。不気味な鉄や鎖のぶつかる音が聞こえてくる。

そこに慈悲や人間的なやり取りはなく、ただ男たちは調子の悪い機械にするように事務的に彼女の転倒を阻止し続ける。彼女は立っていられないが、立てないままにいることができない。

 

工藤は彫刻を前にして痙攣する。それから足萎えて立てなくなる。何度も立ち上がることを繰り返し、だが失敗し、地面を這いつくばり、眼を開いたまま死の一瞬前のような表情を浮かべる。死の一瞬が延々と引き伸ばされる。彼は立てないのだが、立てないままにいることができない。

 

最後、関は彫刻の上に乗り静止する。

工藤は遠いコラールに応答し、導かれるように立ち去る。

 

そして彫刻は立っている。

 

《分析》

ふたりの舞踊家は「立てないこと、にもかかわらず立たねばならないこと」を示そうとしているのだと私は見取った。価値付けを抜きにして人間の人生を莫大な徒労の塊として表そうとしているのだと感じた。立てないことを塚脇の彫刻と対比させようとしているのではないか、彼と彼女は立ち続けることのできる彫刻と対決しようとしているのだと私は判断した。

 

舞踊家のふたりの闘いの姿勢に私は共感する。ときに完璧な作品は不完全であるしかないわたしに暴力的な美として迫ってくる。その美に窒息させられそうになる。わたしの不完全さを告発されているように感じてしまう。わたしは不完全さを受け入れなければ、心をなくしてしまいそうになる。

完全であれという指令との対峙。立たせられることへの疑問。

 

彫刻家のひとりの問いの姿勢に私は共感する。より研ぎ澄まされたもの、より純粋なものを求める行為が、不完全であるしかないわたしの不完全さを追い越してくれるような感覚。美によってここから飛び立てるような喜び。わたしは完全さを求めることで不完全さの泥沼に陥らずにいられる。

完全さを求めたいという願い。立ち上がること。

 

わたしは立っていられないのだが、なおも立ち続けることを欲望する。わたしは不完全であるしかないのだが完全さを求める。

 

《最後に、見つけ出した問い》

わたしはふたつの見方に共感する。けれどもこの共感は完全さと不完全さをめぐる完全に二項対立的なふたつの立場への矛盾した共感ではない。ふたつの違う層からの見方への共感である。

 

舞踊家の表現と彫刻家の表現とはすこしずれている。

舞踊家は、「じぶん」に完全さを求める悲痛を表す。

彫刻家は、「作品」に完全さを求める喜びを表す。

 

このふたつを同時に肯定することはできる。だが、作品に完全さを求めるひとがいつしかじぶんに完全さを求めるとき、苦しみははじまるだろうし、じぶんが不完全であることを認めるひとが作品の不完全さを甘受するとき、堕落ははじまるだろう。

だがこの断言はあまりに優等生的ではないか?

 

じぶんと作品をそう簡単に切断できるだろうか。これがじぶんと表現、じぶんとじぶんの決断、じぶんと選択、と敷衍していけば…? いつしかじぶんと作品との境界は溶け落ちていくのではないか?

 

じぶんと作品とがどんな距離を保つべきか。

どんな緊張感と親密さをもつべきか。という問いはこれからも問いとして保持されるべきだろう。

ディアンジェロは寿司を食べるか?


D'Angelo and The Vanguard - Really Love - YouTube

 

「寿司を食いながらディアンジェロを聴いたことがあります?」

と、ある男がこちらを向いて眉を上げた。

薄暗いライブハウス、200人くらいの小さなハコで開演を待つあいだのことだった。

その男とはさっき知り合ったばかりで、たまたま前にひとりで並んでいる彼に僕が話しかけたのだった。少し痩せぎみの銀縁の眼鏡をした男で、同じく銀色の落ち着いた指輪を薬指に嵌めていた。人好きのする顔はすこしふくろうに似ていてなんとなく親しみを感じてつい話しかけたのだ。

「あ、ないですか。あれはおもしろいですよ寿司の味がしなくなるんです

その男はディアンジェロを聴きながら寿司を食うと寿司の味がしなくなるということを教えてくれたのだった。そのときもけっこう笑ったが、あれから日を経て再び思う。

ディアンジェロを聴きながら寿司を食うと寿司の味がしなくなる

これはさらなる深い問いを孕んでいそうだ。

食と音楽の関係はそれほど広く調べられてはいない。

ディアンジェロという黒さ。音楽のプリコラージュと、寿司という簡素を極めたネタ-シャリのコンビネーション。ともに素材を活かした作品だが、醸し出すリズムや匂いは全く異なっている。それゆえに両者は噛み合わないのだろうか。なにより、

ディアンジェロを聴きながら寿司を食う黒人は寿司の味を知るのだろうか?

 

ある姉妹の肖像

work illustration

年末に活躍する二人の姉妹を描きました。

f:id:lichtung:20161225131410j:image

"ハロ子"、姉。ぶっきらぼう。

f:id:lichtung:20161225131505j:image

"リス子"、妹。元気だけどすぐ凹む。

f:id:lichtung:20161225131544j:image

"トナカイ"、トナカイ。哺乳綱鯨偶蹄目シカ科。

 

どこかでみかけたらあいさつをしてあげてください。

ながいよるに

music work

#np on #SoundCloud https://soundcloud.com/y9kgwaq9zvvy/jfnowztgja3i

 

ながいよるに

Namba Yuuki

まちあかりきらめく

がいとうをあるけば

ゆくひとなみのむれ

みななにかをさがしている

 

あえなくなったひと

いまはあえないひと

ろうそくゆれるたび

うかんではきえていく

 

ながいよるに

ねがいをかけよう

しあわせとひかりが

ぼくらにふりそそぎますように

 

いつかあめはゆきに

やがてまちはねむる

いのりとベルのねが

かぜにのっておとずれる

 

ながいよるに

ねがいをかけよう

かなしみとこどくが

いつしかあわいおもいでになればいい

 

 

 

 Merry Christmas!!

ほんのささやかな贈り物として…

 

みんなでもふたりでもひとりでも

もういない誰かや画面の向こうの誰かと一緒に。

 

みなさまそれぞれに素敵なイヴをお過ごしください。

幸せの複数形とさまざまな呪いについて 逃げ恥批評

逃げるは恥だが役に立つ。最終話を見終える。

あまりに良いと思ったので、この作品について語りたいと思う。

全十話のこの作品は、30代の「プロの独身」津崎平匡と「小賢しい女」森山みくりが契約結婚するところから始まる。

彼らはそれぞれに複雑な心情、コンプレックスを抱えていて、社会との不調和に悩んでいる。津崎は人間関係で傷つくことをおそれるがゆえにはじめから濃い人間関係をつくることを避けている。みくりは思ったことをそのまま口に出してしまってお節介とみられたり小賢しいと非難されたりする。

彼らだけではなく、彼らの周囲の人間たちも不調和を感じている。

モテるが恋をずっとしていないという風見涼太、男性との付き合いを避けてきた土屋百合、シングルマザーの田中安恵、同性愛者の沼田頼綱…さまざまな人物がさまざまな悩みを抱えていて、その苦悩はみな社会が押し付けてくるふつうという規範=「呪い」がもたらしている。

物語の多くは平匡とみくりの関係の動きを描写し、ポップなラブコメディタッチでそれはなされる。

だが物語の主軸は、「ふつうの幸せの理想型から逸脱したひとびとがどんなふうに幸せを見つけるのか」という問いだと思う。

その問いに対して大げさな言葉で語るのではなく、ポップとコメディの力を借りて明るく立ち向かっていくところにこの作品の魅力を感じる。

問いに対して「幸せは複数形なのだということ、そして呪いを解くことはできるということ」と作品は答えたようにわたしは感じた。

作品が問いを投げかけ、きみがそれを受け取ってしまったら、きみの思考と行動は開始してしまう。きみの思考と行動はそれまでと同じという訳にはいかない。すっかり変わってしまう。

そこからは各人の領分の話だ。幸せの理想型をどこに求めるか、それから外れたひとやじぶんをどう扱うか、社会が示してくる規範とどんな距離をとるか。この作品は問いを投げかけている。

28.10.26. 隠れた名盤、ジェイ・P・モーガン

music critique

JAYE P. MORGANのアルバム。Jaye P. Morganー"Jaye P.Morgan"(1976)

素晴らしいです。

もともとのレコードは極端に生産枚数が少なく、David Fosterの初期プロデュース作品なのに、本人も生産されたのを知らなかったぐらいらしい、のですが、一曲目からもうあふれんばかりにゴキゲンで、最後の曲は美しいストリングスで終わる。アルバムとしてもよどみない流れがあって、ずっと聴いていそうです。


Jaye P. Morgan - Closet Man

この曲が特によいです。練られたコード進行の妙に唸ってしまう

28.11.11. 双子のアルバム

music critique

f:id:lichtung:20161215191746p:plain

写真は間違い探し…ではありませんが、最近手にした2枚です。
髭、長髪、あぐら、という謎の一致が興味深い…そしてどちらも、静かな1日にぴったりな双子のようなアルバムです。

左は、David Lewis "Songs of David Lewis"(1970)
James Taylorの登場によって、SSWという言葉がブームになり始めた1970年代。まさにそのブーム以前、1970年、19歳の若さで、これほど成熟したSSWが存在したことに驚きます。オリジナル盤LPは50枚のみのプレスで、2003年のCD化まで、幻の一作だったそうです。

右はAORの名盤、Michael Franks "The Art of Tea"(1976)
彼の32歳の作品。空間の広がりをたいせつに、いろんな音をよく聴かせてくれる、熟練のサウンドデザインです。声がよい、渋くてやさしい声です。
ちなみに、Tr.1. Nightmovesのメロディはaikoがバックコーラスで参加した、KIRINJIの楽曲、"雨は毛布になって"に引用されています。