Lichtung

ナンバユウキ|美学と批評|Twitter: @deinotaton|批評:lichtung.hateblo.jp

プロフィール

名前

ナンバユウキ

連絡先

Twitter: @deinotaton

Mail: deinotaton☆gmail.com(☆を@に変えてください)

プロフィール

英語圏における美学と芸術の哲学、いわゆる分析美学を手がかりとして、フィクション、批評、そして芸術と倫理との関係を研究しています。
また、実際の批評に美学の道具立てを応用する試みを行なっています。

研究キーワード

美学、分析美学、音楽哲学、芸術の概念、フィクション、批評の哲学、芸術と倫理、ポルノグラフィ、装いと演じ

研究分野

芸術学 / 美学・芸術諸学 / 

1. 芸術の概念

卒業論文では、芸術の概念とそれを問う方法論について議論しました。

分析美学における芸術の定義論を取り上げ、その成果から、必要十分条件の探索に加えて、芸術の概念史を追う必要を主張しました。

主には、P. O. クリステラーの古典的著作「近代的な諸芸術の体系」にある、「芸術の体系すなわち、詩・絵画・彫刻・音楽・舞踊という五つの代表的な芸術形式を要素とする一つのグループが18世紀に始めて誕生した」とする主張を、それが依拠するアリストテレスプラトンの言説を精査する限りでは根拠不十分であることを示し、さらなる概念史の研究の必要性を主張しました。

2. 美学の批評への応用

分析美学における道具立てを批評に応用することを試みています。もう一つのブログ『Lichtung Criticism』において、とくに勃興初期のジャンルに注目して、その鑑賞実践や作品についての分析を行っています。

これまで、バーチャルYouTuberと呼ばれる2017年末ごろから急激に成長し始めた文化に焦点を当てて、批評を行なっています。

3. 取り組んでいるテーマ

  1. フィクションはわたしたちに現実についての知識を与えるか
  2. 芸術的価値はどのように判断されうるのか
  3. ポルノグラフィを鑑賞するときわたしたちはどのようにそれを行なっているのか
  4. ファンはどのように作品を受容し鑑賞しているのか
  5. ある文化における批評はどのような意義をもちうるのか
  6. 演じたり、装ったりする文化の比較美学

4. 取り組んでいる批評

現在は、先ごろ公開された『リズと青い鳥』をその音響的側面から考察しています。

活動

造形

高津宮アートギャザリング2016 出展『勢力のデッサン』:自作解説:"勢力のデッサン" - Lichtung

グルッポ・イッテン『にく展』出展。ギャラリー・パサージュ。2017年2月19日〜2月26日:グルッポ・イッテン『にく展』 於:ギャラリー・パサージュ 2017年2月19日〜2月26日 出展作品 - Lichtung

研究関連

『音楽哲学入門』読書ノート:ピーター・キヴィ『音楽哲学入門』読書ノート 目次及びPDF - Lichtung

『現代存在論講義Ⅰ』まとめノート:現代存在論講義I ファンダメンタルズ 倉田剛 まとめノート0 目次 - Lichtung

f:id:lichtung:20170731222033j:image