font-family: 'Raleway', sans-serif;
読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ラテン語・古典ギリシア語 独習法

はじめに

ヨーロッパの思想、文学、芸術、歴史にきちんと向き合おうと思ったとき、ラテン語古典ギリシア語の知識は必須になる。その重要性にもかかわらず、これら西洋古典語を学習する場は限られているように思う。
幸い現在は独習に適した書物も多くあり、すこしの初期費用を投じればこれらの言語を学ぶことができる。
とはいえ、初学者においてはどの書が優れているのかは明らかではない。そこで、本ノートでは、初学者に向けた学習書のかんたんな読書案内をしたい。
ラテン語や古典ギリシア語に触れたいと思うひと、それから腰を入れて学ぼうと思うひと、さまざまなひとに何らかの益があればと思う。
学習のステップごとに、1.概観 2.文法学習 3.原書購読の3つに分けて情報を記載する。雰囲気だけ掴みたいひとは1.だけでもいいし、その言語に浸かっていきたいと思うひとは2.3.の先へと進んでくれればと思う。

ラテン語独習法

1.概観

ラテン語がどんな言葉なのかを概観するには以下がよい。 

はじめてのラテン語 (講談社現代新書)

はじめてのラテン語 (講談社現代新書)

 

 2.文法学習

次に基礎的な文法学習のためには次の2冊が適している。

まず1冊目はこちら。 

初級ラテン語入門

初級ラテン語入門

 

 こちらは薄く、コンパクトであり、ひとつずつ進めやすいので負担にならない。とりあえずラテン語を学ぼうというひとに向いている。ただ、注意してほしいのは、この本では英語圏では一般的ではない、格変化表を用いており、主格・対格・与格・属格・奪格、の順に記載されている(ふつうは主格・属格・与格・対格・奪格と続く)。続いて別の本を読むときに混乱するおそれがある。慣れると問題はないが、読み換える煩雑さは否めない。そのため本格的にラテン語を学習しようという考えがあるひとには次の本を勧めたい。

古典ラテン語文典

古典ラテン語文典

 

 こちらは厚く、ともすると、量に気圧されてしまうかもしれない。だが、分厚いということはそれだけ例や解説が豊富ということであり、初学者にはむしろこちらをおすすめする。

加えて、このサイトの変化表はとても見やすく有用である。ぜひ印刷して傍に置きながら学習を進めてみてほしい。
ラテン語文法_Via della Gatta

3.原書購読

原著にあたりながら、読み取れない文章が現れた場合は、2.の学習書に戻りながら、どの文法事項なのかの当たりをつけ、次の網羅的な文法書で詳しい解説をみるのが、購読の戦略である。

Gildersleeve's Latin Grammar (Dover Language Guides)

Gildersleeve's Latin Grammar (Dover Language Guides)

 

こちらのサイトにあるものなら、英訳もあり、単語検索もできるためある程度快適に読み進めることができる。

Perseus Digital Library

ひとこと ツールとしての英語

ラテン語や古典ギリシア語を本腰を入れて学習する際、基本的な英語の読解能力は前提されている。
というのも、信頼できる翻訳書、辞書や文法書の多くは、英語(あるいはドイツ語)で書かれているため、どうしても英語は使えるようになっておかなければならないのだ。もしも英語に不安があれば、こちらのノートも参考にしていただければ幸いである。→英語学習のストラテジー - Lichtung

古典ギリシア語独習法

1.概観

古典ギリシア語については、わたし自身概説書を読んだことがない(というか古典ギリシア語をやろうというひとはすでにラテン語によって脳が古典言語に支配されもう概説書では満足できないくらいの〈古典言語ジャンキー〉になっているに違いない、と勝手に思っている)ので、概説書をおすすめすることはあえてしない。

2.文法書

もっとも勧めたい本はこちらである。

古典ギリシア語入門

古典ギリシア語入門

 

 こちらの本は見やすく、コンパクトでおすすめである。加えて驚くべきことに、CDも付属している。しかし残念ながら絶版のようだ。古本は流通しているようだが、購入する際は、必ず新装版かどうかを確かめてほしい。以前の版はカセットテープ別売りらしく、CDは付属していない。音声はなくてもいい、というひとは気にしなくてもいいが、個人的には音声があったほうがとっつきやすくなると思うので、新装版(2006年)をおすすめする。

本気で(一年以上かけて)古典ギリシア語と付き合っていくなら、この本がぴったりだ。英米圏らしい分厚く、実例をこれでもかとあげている本で、テキスト篇、文法篇、テキストと文法の答え、の三分冊になっており、加えて別売りのCDがある。しめて2万いかないぐらい。これを安いと思うようになれば立派な古典言語ジャンキーである。 

 

Reading Greek: Text and Vocabulary

Reading Greek: Text and Vocabulary

 
Reading Greek: Grammar and Exercises

Reading Greek: Grammar and Exercises

  • 作者: Joint Association of Classical Teachers
  • 出版社/メーカー: Cambridge University Press
  • 発売日: 2007/07/30
  • メディア: ペーパーバック
  • 購入: 1人 クリック: 1回
  • この商品を含むブログを見る
 
An Independent Study Guide to Reading Greek

An Independent Study Guide to Reading Greek

  • 作者: Joint Association of Classical Teachers
  • 出版社/メーカー: Cambridge University Press
  • 発売日: 2008/04/10
  • メディア: ペーパーバック
  • この商品を含むブログを見る
 
Speaking Greek 2 Audio CD set (Reading Greek)

Speaking Greek 2 Audio CD set (Reading Greek)

 

 

 ひとこと 日本と英米圏の教育法の違い

古典言語に限らず、日本と英米圏の学習書を眺めていると気づくことがある。
日本はとにかくコンパクトでなんども振り返りながら自分で肉付けしていくような学習書が多く、英米圏のものの多くはとにかく分厚くどんどん前に進みながら経験を積んでいく方式である、ということだ。どっちかよいかは完全にひとそれぞれだが、どちらかが合わないと思ったひとは別の方式で書かれた本を手に取るのもよい作戦だと思う。わたしはまずはじめは体系的にまとまった日本式で学習して、それから英米圏式の本で肉付けしていくのが好きである。

3.原書購読

テキストはラテン語の項であげたPerseusが有用だ。

その際、参考にできる文法書は以下のものである。 

Greek Grammar

Greek Grammar

 

 日本語では以下の本。だが、どうしても英語が共通の文法用語となっているので、英語で学習するほうが効率はいいだろう。

ギリシア語文法 (岩波オンデマンドブックス)

ギリシア語文法 (岩波オンデマンドブックス)

 

辞書について

どちらもインターネット上で使える信頼できる辞書がある。

Logeion

さらにiOS版アプリケーションもある。すごい時代になったものだ。

 おわりに

ラテン語独学、古典ギリシア語独学のためのノートをつくりながら、自分の学習遍歴を辿るようで楽しかった。わたしはまだまだ初学者なので、これからも古典言語の道をゆっくり歩いていきたい。もし最後まで目を通していただいた方がいるのなら、餞けとして、あらゆるラテン語、古典ギリシア語愛好者の合言葉を贈りたい。

Festina lente!     σπεῦδε βραδέως!

      ゆっくり急げ!