font-family: 'Raleway', sans-serif;
読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

play

寸評:『繻子の靴』 京都芸術劇場 春秋座

先日、12月10日、ポール・クローデルの『繻子の靴』を観劇しました。全四部作で、計8時間にわたる壮大な舞台でした。物語は若く美しい人妻ドニャ・プルエーズと、彼女に恋する若き騎士ドン・ロドリック、同じく彼女に恋する背教者ドン・カミーユ、さらに彼女…