font-family: 'Raleway', sans-serif;
読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

critique

音そのものへの旅 網守将平 SONASILE

配置の音楽・創発の音楽 現代とそれ以前の音楽史を無理を承知で分類するなら、「音そのものへの批評眼」の誕生が分岐点になる。西洋、クラシックと言われる音楽においては、音色そのものへの意識はあったにせよ、歴史的な文脈に限定された楽器しか用いられな…

勉強法とは何か? 学習スタイル論

はじめに これは近年学術的に研究されている学習スタイル論を参照しながら、自分にあった勉強法とは何かを考えるノートである。学習における勉強法の核となるものを捉えることを目的としている。 一般に勉強法は、話者の独断と偏見によって語られがちだが、…

音楽、異なるものとの交わり Music for communication/communion

はじめに よい音楽にはジャンルの境界がない。とはいうものの、音楽に何を求めるかによってジャンルが生まれたようにも思える。わたしたちは音楽になにを求められるのだろうか? それがこの論考のひとつの問いである。 さて、今回、わたしたちはジャンルをめ…

28.10.26. 隠れた名盤、ジェイ・P・モーガン

JAYE P. MORGANのアルバム。Jaye P. Morganー"Jaye P.Morgan"(1976) 素晴らしいです。 もともとのレコードは極端に生産枚数が少なく、David Fosterの初期プロデュース作品なのに、本人も生産されたのを知らなかったぐらいらしい、のですが、一曲目からもう…

28.11.11. 双子のアルバム

写真は間違い探し…ではありませんが、最近手にした2枚です。髭、長髪、あぐら、という謎の一致が興味深い…そしてどちらも、静かな1日にぴったりな双子のようなアルバムです。 左は、David Lewis "Songs of David Lewis"(1970)James Taylorの登場によって、SS…

古いイタリアの映画のような Fitness forever "Cosmos"

イタリアのポップスバンドFitness foreverの2nd Album "Cosmos"(2013)はやさしくハッピーですこしせつない。そのせつなさはノスタルジーを感じさせる音づかいにあるのだろうと思います。 Lui FITNESS FOREVER - Lui [Official] とくに好きな一曲です。別れた…

寸評:『繻子の靴』 京都芸術劇場 春秋座

先日、12月10日、ポール・クローデルの『繻子の靴』を観劇しました。全四部作で、計8時間にわたる壮大な舞台でした。物語は若く美しい人妻ドニャ・プルエーズと、彼女に恋する若き騎士ドン・ロドリック、同じく彼女に恋する背教者ドン・カミーユ、さらに彼女…