font-family: 'Raleway', sans-serif;
読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

commentary

Peter Kivy 『音楽哲学入門』第2章補足 プラトン『国家』第3巻第399α-399β節に関するコメント

戦士を模倣する旋法について 第2章→Dedicated to Peter Kivy. Introduction to a philosphy of music 読書ノート その2 (完成) - Lichtungにおいて、キヴィがあげている例は、プラトン『国家』第3巻の399aから399bにかけての以下の文だと思われる。ここで…

Dedicated to Peter Kivy. Introduction to a philosphy of music 読書ノート その2 第2章 小史

はじめに 音楽の哲学についてなぜわたしたちは語りたがるのか、と問うてみると〈なぜならわたしたちは音楽が好きだから〉という存外単純な答えを得られるかもしれない。 音楽には汲み尽くし得ない謎が秘められていて、それを解明しようとすればするほどに、…

Dedicated to Peter Kivy. Introduction to a philosphy of music 読書ノート その1 第1章 …の哲学

はじめに ピーター・キヴィの『音楽哲学入門』 (Peter Kivy, Introduction to a philosphy of music, Oxford University Press, 2002.)は音楽哲学の創始に多大な貢献を果たしたPeter Kivy(1934-2017)による音楽哲学の入門書である。300ページほどのそこ…

自作解説:"勢力のデッサン"

10月23日、高津宮アートギャザリングにてグループ"梅"のひとりとして作品展示をしました。直接、間接問わず、手伝ってくださったかた、みてくださったかた、さまざまなひとに感謝の気持ちを送りたいです。 "勢力のデッサン"2016.10.23.大阪、高津宮 以下、自…

ブログの目的について

作ったものや書いたもののアーカイブのためにブログを開設しました。 主にはこの頃の自分の好きな音楽や作品について書き連ねることになるでしょう。 ささやかでも価値のあることを伝えられたらと思います。